トップページ >> 相続について

相続について

相続登記とは

不動産の所有者が死亡した場合に、配偶者や子供などの相続人に不動産の名義変更をするのが相続登記です。相続登記は、いつまでにしなければならないという決まりはありませんが、相続した不動産の名義変更をしないで放置しておくと新たな相続が発生し、登記手続きが複雑になりますので、早めに相続登記される事をオススメします。

石垣司法綜合事務所の特徴

ハイクオリティのサービスを低価格で提供する、相続登記定額プラン【相続パック】をご用意。
相続の一般的な相談から、実際に発生した相続手続きに必要な戸籍関係の取得や遺産分割協議書・相続関係説明図の作成、そして相続登記に至るまで、万全のサポートでお客様をご案内いたします。また、相続税申告専門の税理士との連携により、気になる相続税の問題も解決いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

相続登記手続きの費用についての考え方

一般的に、相続登記手続きの費用は、
相続登記手続きについて不動産の評価額が高くなればなるほど
相続関係について相続関係が複雑になればなるほど
相続の書類関係について証明書取得の通数が多くなればなるほど
不動産について不動産の個数が多くなればなるほど

高くなってしまいます。

このような費用の規定は、一般の人にとってわかりづらく、相続登記手続きを依頼する段階では、おおよその費用が判明しません。相続登記手続きに必要な書類すべてを確認した段階で、ようやく費用が明らかになるという欠点があります。

このことは、どういうことかというと、結局、依頼者としては、費用がいくらになるかわからないまま、相続登記手続きの依頼をしなければならないということです。

これでは、依頼されるお客さまは不安ではないでしょうか?

以上の理由から当事務所の方針は、相続登記手続きの費用について、不動産の評価額・証明書取得の通数等で決めるのではなく、

一般的な相続登記手続きを一括してまとめ、定額とさせていただきます。

つまり、お客さまは安心して相続登記手続きをご依頼ください。

※ただし、一般的ではない、特別な手続きが必要な場合や不動産の数が多い場合を、追加費用とさせていただきます。

  1. 相続について
  2. 相続登記定額プラン
  3. 相続手続きの内容について
お問い合わせはこちらから

ご相談を無料でお受けいたしますので
お気軽にお問い合わせください。

営業時間 平日9時〜18時
※営業時間外は、事前予約によりご相談をお受けいたします。

 
Copyright 石垣司法綜合事務所. All Right Reserved.